9月4日より、ミライシップ×目白大学メディア学部(東京都新宿区)の

インターンシップがスタートしました!

大学生のための単位認定インターンシップをプロデュースしているミライシップ。

今回は真面目社における「企画+クリエイティブコース(全10日間)」と「企画プロデュースコース(全5日間)」の2つのコースを用意し、スタートしました。

今回は、コロナ禍の影響のため、全日程をオンラインで実施。

DAY1ついにミライシップ代表 眞野目さん主体でインターンシップスタート!

代表平川より挨拶、真面目社のMission Vision,Valueについて、経営企画部 秋山より会社説明、課題発表、グループワークを実施。

今回は、ある企業のブランディング動画を学生に企画、動画作成までしてもらうという内容です。

DAY2では真面目社のオフィスツアーをオンラインで開催!

コロナ禍の影響でなかなかオフィス訪問が難しい今日、オンラインで社内ツアー、社員へのインタビューを行いました。

この日は見事な晴天、オンラインでも太陽の光が降り注ぐ真面目社のオフィスを学生にしっかりと伝えることが出来ました!

その後も毎日、学生の皆さんは課題の企画プレゼン発表に向けて毎日スケジュールを決め、時間が限られた中でも企画を練ってくれました。

企画中間プレゼンでは代表の平川より、参加者24名ひとりひとりに対してフィードバック。より良い企画にするには、より伝わりやすいプレゼンをするには、より素晴らしい動画にするには、というポイントでお話をさせていただきました。

企画最終プレゼンでは、執行役員の森本が参加。この企画は本当に自分がワクワクしている?というポイントでフィードバック。

学生の皆さんの中間プレゼンから最終プレゼンまでの仕上がりの改良が見事で、自身の作品を振り返り、課題点をすぐに改善させるスピードの速さに感銘しました!

9/18(金)で最終日となる今回のインターンシップ。学生の皆さまから学ぶことも非常に多く、有意義な時間を経験させていただいています。

真面目社では、こういった学生と接点を持つ企画を積極的に行っており、

今後も意欲的に活動を予定しております!

Back to News Index

0
Close
Close